カテゴリー別アーカイブ: コラム

川原

気持ちがぐるぐると回って落ち着かない時に、

どうやったら落ち着くのだろう、という事をよく考えます。

 

頭の奥深くのどこかに、もう一人の自分が居るようだ。

でも彼も落ち着かないようで、あくせくと歩き回っているのを感じる。
その彼に声をはりあげて話しかけるのだけれども、周りの音に
かき消されて一向にこちらに気がついてくれない。

そんなイメージです。

そんな時、気分を落ち着けようと僕はよく夜の川原に出かけたものでした。

river_light1

弱い夜風の吹くその川原で、川の向こう岸の遠くをぼんやりと眺めていると

不思議と落ち着いている自分に気がつきます。

川の対岸には小さな明かりが見え、時折ついたり消えたりする

その遠くの明かりをだだ意味もなく、よく眺めていました。

 

自分がその明かりを眺めていると、頭の奥にいる自分も同じ様にその
明かりを眺めている様です。

チカチカとついたり消えたりするその明かりはまるで何かのメッセージの
様で、自分にはその意味は判らないけれど、頭の奥の自分には、
メッセージが判っている様に感じました。

「ああそうか、うんうん。そうだね」

という声だけが頭の奥から聞こえてきます。

 

自分は、ただ通り過ぎていくだけで何の意味も判らないのだけれど、彼に
は伝わっているみたいだ。

そんな事を考えながら、腰をあげて夜風にゆれる草の川原を後にしたものです。